Linuxとフリーウェアでやって行く大人のための学習記録

GIMPやInkscapeで画像処理をちゃっちゃと済ませて楽しいPCライフを送るブログです。王道とも言える手法を効率良く処理する方法を模索していきます。

スマートフォンのホーム画像をお気に入りの真野ちゃんに替える~レイヤー機能付きの画像ソフトなら狙い通りの画像が作れる

今、個人的に一番かわいいなぁ、素敵だなぁと思うタレントさんは、真野恵里菜という女優さん。

ハロプロアイドル時代の真野ちゃんは、幼い感じがして別になんとも思ってなかったけど、脱アイドルして女優業に専念する様になってからは、どんどん魅力的になっていくので、すっかりファンになっています。

とは言っても熱狂的ファンかと言うとそうでもなく、時々Instagramで見たり、芸能ニュースに出てるのを見てニヤニヤする程度のファンですが・・

良い写真が出てきたので、スマートフォンのホーム画像にする事にしました。

元画像(ソース)

www.advertimes.com

うん、背景の色も淡くて肌色を引き立てている良い写真だ。杉能信介という写真家はセンスが良いと思う。検索してみたら直ぐに見つけられたので興味を持った人は検索してみて下さい。

そのままスマートフォンのホーム画像にしてみたところ、残念な事に・・

彼女は頭髪もきれいなのに惜しすぎる。Google検索バーは要らないんだけど、この機種では消すことが出来ない様なので、画像の方を工夫するしかない。

f:id:sasapurin:20171209224006p:plain

そこで画像ソフト(GIMP)を使って、頭の上の部分にスペースを作ることにしました。背景が単色なので簡単にできそうです。

スマートフォンスクリーンショット取得

ボタン複合長押しでスクリーンショットを撮ります。そしてPCに転送。このスマートフォンフルHDなので、1080x1920の解像度となっています。

しかし、手に入れた真野ちゃん画像は1200x1401となっていてheightが足りません。比べてみるとスマートフォンの画面の方が解像度が高いのです。

ここで画像を拡大してみる事にしました。手っ取り早く画像を拡大する為に、waifu2x-caffeを使いたいので、Windowsで作業する事にしました。お手軽にPhotoモードで1.5倍にする事にしました。

恐らく今となってはLinux環境でも同様の画像拡大アプリはあるんだと思いますが、最近は仕事に追われていてそういうリサーチをするヒマもありません。既存の知識で近道対処することにしました。

一般的な画像編集ソフトで画像を拡大するとボンヤリとした眠い画像になってしまいますが、waifu2xで拡大すると補完してくれるのでほとんど分からない品質で拡大することが出来ます。このアプリが発表された時は画期的だと驚きましたね。

GIMPスマートフォンの画面サイズに合わせてみる

GIMPを使えば、レイヤー機能、アルファチャンネル機能を使って容易に目的のサイズに画像を配置することが出来ます。

まずはGIMPスマートフォンスクリーンショット画像を開き、Google検索バーの位置をガイドラインで分かるようにしました。これで目的とする画面サイズ、真野ちゃんの頭のてっぺんをどこまで下げるかが決まります。

そして拡大しておいた画像をレイヤーにドラッグ&ドロップして追加しました。

今度はスマホサイズの方が画像サイズが小さく、拡大した画像の方が大きいので真野ちゃん画像を任意に変更出来ます。

f:id:sasapurin:20171209234134p:plain

これでスマートフォンサイズの画像はいらなくなったので、アルファチャンネル追加で透明化し、画像そのものは削除してしまい枠として使うことにします。

f:id:sasapurin:20171209234655p:plain

画像をwaifu2x-caffeで拡大した分、真野ちゃんが大きくなりました。
Google検索バーを消せればこれは最高だな・・と思います。

真野ちゃんの額までがGoogle検索バーで隠れてしまう事になりましたので、拡大したことは逆効果でしたが、画像によっては良い具合になる事もあると思うので、無駄では無かったと思う様にします・・

f:id:sasapurin:20171209234956p:plain

アップ目も良いのですが、私の場合は真野ちゃんのスタイルの良さも大好きなので、腰から下のラインをトリミングしてしまうのは惜しいです。彼女の魅力が減ってしまう。

元画像にある通りワンピースの下の方までキッチリと残したいので、結局は縮小する事になりました・・遠回りしてしまった。

泣く泣く縮小する

CTRLキーを押しながら拡大縮小ツールで縮小します。CTRLキーを押しながら操作するのは、縦横比を固定するためです。ガイドラインGoogle検索バーの位置)よりも下になる様にサイズを調整します。

せっかく拡大したのに結局小さくなってしまうのは残念ですが致し方ありません。彼女のスタイルを見られるホーム画像にすることに決めました。

f:id:sasapurin:20171209235622p:plain

ガイドラインを使って納得の行く位置とサイズに調整しましたが、上部の肌色のバックドロップ背景が足りません。今回のソース画像は、幸いバックドロップの色が単純なのでコピーで作ってしまう事にします。

f:id:sasapurin:20171210001235p:plain

フロート状態でもサイズ拡大・縮小が可能なので、足りない高さは拡大して調整します。そして肌色部分が重なったら、画像レイヤーと統合してやると一枚絵になります。

f:id:sasapurin:20171210002041p:plain

これで作業はとりあえず終わったので(慣れている人から見ればワークファイルにアラが隠れてますが・・)、PNG形式で書き出してやれば目的とする真野ちゃん画像1080x1920の出来上がりです。

f:id:sasapurin:20171210002436p:plain

やっぱりとてもかわいい・・♪

スマートフォンに転送して、ホーム画像に設定します。

f:id:sasapurin:20171210003721p:plain

狙い通りにピッタリと収まった。

最後に

バックドロップが単純な色なので今回は単純作業で作成することができました。

GIMPに限らず、レイヤー機能が備わっている画像編集ソフトなら、目的とするサイズにピッタリの画像を作ることができるので、細かい位置調整やサイズ調整ができるPCで目的通りの画像を作成することが可能です。

スマートフォンでも別の手法でこういう事ができるかも知れませんが、私は作業はPCで行いたい方なので、スマホで画像編集はよく分かりません。